RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Perfect-Action~Double-Action Complete Collection~
Perfect-Action~Double-Action Complete Collection~ (JUGEMレビュー »)
野上良太郎&モモタロス(佐藤健・関俊彦),野上良太郎&ウラタロス(佐藤健・遊佐浩二),野上良太郎&キンタロス(佐藤健・てらそままさき),野上良太郎&リュウタロス(佐藤健・鈴村健一),野上良太郎&ウラタロス(佐藤健・遊佐浩二),野上良太郎&キンタロス(佐藤健・てらそままさき),野
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NANA BEST (初回限定盤)(DVD付)
NANA BEST (初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
OLIVIA inspi’REIRA(TRAPNEST) ANNA TSUCHIYA inspi’NANA(BLACK STONES),ANNA TSUCHIYA inspi’NANA(BLACK STONES),OLIVIA inspi’REIRA(TRAPNEST)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
DEATH NOTE (8)
DEATH NOTE (8) (JUGEMレビュー »)
大場 つぐみ,小畑 健
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

みんみん's voice

<< 仮歌録り | main | ☆見た人はミンナやるバトン☆ >>
プリンスアイスワールド2006☆
GW(ってガンダムウイングかよ!って、自分の日記で
突っ込み入れてた友達にはウケました)には、
特にイベント的な予定は入れてなかったんですが、
今日は少〜し連休っぽい気分で出掛けてまいりました。





プリンスアイスワールド2006 横浜公演を観に行ってきました。
昔からフィギュアスケートは好きなんですけど、
実際に会場で観たことはなかったんですよ。
いざチケットを購入しようと思ったら、既にエキサイティングシートや
SS席はソールドしてました(爆)
いつの公演にするか迷っている間に、S席のみならずA席(自由席)
までもが埋まり始め、日程もあまり選べなくなってしまいました。。。
それで1番空いていた、6日午後の部を選んだんですよね〜。
結局、当日を待たずして、全席完売したらしいですね。

A席なので、あまり見やすい場所は押さえられなかったんですが
スケーターの方々が登場する出入り口の側(大スクリーン設置側)に
陣取りました。
その辺りの席からは大スクリーンが見えないため、客席の下の方に
凡そ50インチ前後と思われる液晶モニターを設置してくれていました。
親切ですね☆
席を確保してから、パンフレットと選手の方に手渡す花束を
購入、そして席に着きました。

まずはスクリーン(モニター)を使い、荒川静香さんや
座長の八木沼純子さんからのご挨拶、アイスショーの説明などがあり
いざ開演。
今回のアイスショーのテーマは『夢を売る百貨店』というものの
ようです。
プリンスアイスチームの演技は、お芝居+スケートという感じで
とても楽しいですね。
ディズニーオンアイスも、こういう感じなのかもしれないな〜。
あとですね〜。大島淳さんの
“└( ̄▽ ̄)┘あー└( ̄ー ̄)┘つー( ̄人 ̄)しー└( ̄▽ ̄)┘あー└( ̄ー ̄)┘ちー♪”
のネタ、ウケました。

最初のゲストがいきなり浅田真央ちゃん!
初っ端から?!と、凄くビックリしました。
いきなり引き込まれちゃいましたよ〜。
楽曲は『カルメン』より『ハバネラ』
黒×濃い目のピンクの衣装で、可愛い〜。
スカートなのかと思っていたら、着脱可能なオーガンジーっぽい
布で、それを取り外してポンッと投げたりしていました。
流石、ショーだけに凝った演出。
“大人っぽさ”を意識していたようなんですが、真央ちゃんは
何を着ても何を踊っても、やっぱり可愛いんですよね〜。

次が、中野友加里ちゃん。
楽曲は『SAYURI』より『芸者』
衣装も『SAYURI』を意識したような朱赤の衣装で、小道具に
和傘を使っていました。
友加里ちゃんは、観る度に上手くなっていきますね。
手の動きもエレガントでキレイ。今日は笑顔も観られました。
ドーナツスピンは、やっぱり友加里ちゃんが1番キレイだな〜。

エレナ・レオーノワ&アンドレ・コワルコ組も凄かった。
もう、アクロバットですわね〜。
エレナさんの身体の柔らかいこと!
リフトされてる間も、身体が真っ二つに折り畳まってましたよ。

1部のトリが、村主章枝ちゃん。
章枝ちゃんもカルメンからの選曲なんですが、『ジプシーの歌』という
情熱的な曲で、渋い選曲をするところがまた章枝ちゃんらしい、
と思いました。
衣装も、黒レース×濃い目のピンク、黒タイツで色っぽかったです。
演技の最初の部分で章枝ちゃん、小道具としてイスを使うんですが、
その真ん前辺りに陣取っていたんで様子が良く観えたんですよ。
一瞬暗転して、その間にイスの向きを変えるんですが
その様子も観えてたんですね(笑)
慌てて引っ繰り返すその姿が、凄い可愛かったです(笑)
演出も、凝ってましたよ〜。
黒のセンスを使ったり、胸元からバラの花を取り出して
エキサイティングシートのお客様に手渡したりしていました。
ラストも小道具のイスを使う設定だったので、
あの高速アップライトスピンを目の前で見ることが出来て
鳥肌モノでした〜っ(≧ω≦)


20分程休憩が入り、ショーが再開。


最初に章枝ちゃんと司会者の方が出てきて、インタビューが
ありました。

その後、プリンスチームの演技へ。
田村岳斗くんや、八木沼純子さんの演技もあり。
田村くんはステップが良かったな〜。
ジュンジュン(八木沼さん)はやっぱり美人。華がある。
スポーツキャスターをしてるときより、氷上にいるときの方が
輝いてますね☆
プリンスチーム3人を従えてのチーム演技や、ペアでの演技も
あったんですが、ソロが色っぽくてステキだったかな〜。
やっぱり、大人にしか出せない魅力ってありますもんね。

浅田舞ちゃんは、ロドリーゴの『恋のアランフェス』
大人っぽいナンバーでした。
エレガントな舞ちゃんに合った、選曲と衣装だったと思います。
舞ちゃんはやっぱり、スパイラルとかダブルアクセルが得意なのかな〜。

アレクサンダー・アプトさん、女性人気が高いとは聞いていたんですが
出てきた途端黄色い歓声が(笑)
やっぱり、ジャンプが高いし安定してますね。
楽〜に飛んでるように見えてしまう。
氷上とは思えない軽やかなステップも、凄かったですよ。
外人選手って、黒を着ても地味に見えないな〜。

そして大トリ、荒川静香さん。
選曲は『Ave Maria』でした。
上品な荒川さんの雰囲気に合ってました。
存在感が物凄い。手足が長いのって、やっぱりこの競技では
得ですよね。衣装も似合ってました。
ジャンプも安定してたなぁ。
レイバック・イナバウアーも、勿論やってくれましたよ〜。
生レイバック・イナバウアーは圧巻でしたね。

という訳で、今日は全員が新プログラムだったんですね!
(荒川さんは、前回のエキシビジョンと同じ『You Raise Me Up』
 を演じた日もあったようなので、ラッキーでした)

演技終了後、全員が順番に出てきてそれぞれ得意の技を披露。
真央ちゃんは片手ビールマンスピン、舞ちゃんはスパイラル、
友加里ちゃんはドーナツスピン、章枝ちゃんは高速アップライトスピン、
荒川さんに至っては、レイバック・イナバウアーで滑りながら
登場してきたんでビックリでした(汗)

1度退場してから、ファンのために再度出てきてくれるんですが、
真央ちゃんと章枝ちゃんとは握手出来ました〜!
まさか直接お話し出来るとは思ってなかったんですけどね(大物ですし)
章枝ちゃんに花束を渡しながら
『昔からファンなんです!頑張ってください!』
と言ったら
『あ〜そうなんですかぁ!ありがとうございますぅ〜(⌒-⌒)』
と、いつものあの口調で答えてくださいましたっd(⌒ー⌒)!!
章枝ちゃんも真央ちゃんも肌がキレイで目がキラキラしてて、
可愛かったですよ☆

友加里ちゃんとかジュンジュンにも、笑顔で手をふってもらえたんですが
荒川さんのときは、周りの親子パワーに押されて声も掛けられず
握手もしてもらえず…(・_・;)
どちらかというと、親御さんが必死でした(爆)
金メダルの威力って、やっぱり凄いよね…。

撮影禁止だと思ってたので、カメラは持ってきてなかったんですけど
演技終了後は撮影可なんですね!持ってくれば良かった…。

でも良いんです。章枝ちゃんに伝えられたから☆

夏頃に東京公演があるみたいなので、また申し込んでみようっと。
ディズニーオンアイスも観てみたいo(^∇^)o
新たな楽しみを見付けられて、本当に良かったと思います。
芸術的なものを観て感性を磨くことが出来れば、音楽の方にも
活かせると思うんですよね〜。
とてもステキな1日でした。
スケーターの皆様、楽しい時間をありがとう☆
| スポーツ | 23:37 | comments(0) | - | pookmark |