RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Perfect-Action~Double-Action Complete Collection~
Perfect-Action~Double-Action Complete Collection~ (JUGEMレビュー »)
野上良太郎&モモタロス(佐藤健・関俊彦),野上良太郎&ウラタロス(佐藤健・遊佐浩二),野上良太郎&キンタロス(佐藤健・てらそままさき),野上良太郎&リュウタロス(佐藤健・鈴村健一),野上良太郎&ウラタロス(佐藤健・遊佐浩二),野上良太郎&キンタロス(佐藤健・てらそままさき),野
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NANA BEST (初回限定盤)(DVD付)
NANA BEST (初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
OLIVIA inspi’REIRA(TRAPNEST) ANNA TSUCHIYA inspi’NANA(BLACK STONES),ANNA TSUCHIYA inspi’NANA(BLACK STONES),OLIVIA inspi’REIRA(TRAPNEST)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
DEATH NOTE (8)
DEATH NOTE (8) (JUGEMレビュー »)
大場 つぐみ,小畑 健
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

みんみん's voice

<< tears | main | 練習っ☆ >>
応援☆
何だかね〜。
昨日あぁ書いておいて、まだ浮上出来てません。
と言うより、浮上し掛けたのに上からハンマーで殴られてまた沈んでった感じですか。

でもまぁ、負けません。
明けない夜はない。

立ち止まっている時間はない。
少しずつでも前に進まなければ。

こういうときはね〜。
新庄剛志選手が羨ましいですよ(笑)
あの前向きさ、ポジティブさは見習うべきものがある。
思ったままに生きていて傍若無人だけど(爆)だからこそ嘘がない感じがするし。
ただ我儘なんじゃなくて、優しいところもあって。
会見ではユーモアたっぷり、ファンサービスもばっちり(笑)
何か憎めない人です(笑)
昔はここまで好きな選手じゃなかったんですけどね。
勿論、キライではなかったですけども。
昔はチームで言えば西武やヤクルトが好きだったり
松井秀喜選手とか、寡黙で真面目な感じのする選手が好きで。(今でも好きですがね)
でも、新庄選手を見てると、人生1度きりなんだし楽天的に楽しく生きた方が
良いよね〜とホントに思う。
考えてみれば、スポーツ選手で大成する人ってみんなポジティブだよなぁ。
芸術家には感受性が強くネガティブなタイプもよく見掛けるし、だからこそ
その繊細さが作品に活かされたりもするんだろうけどね〜。
感受性が強く人の痛みが解るからこそ、人の心に染み入るような作品を
作り上げたり出来るんだろうし。
私もネガティブな方だし気持ちは解るから、ホント苦しいだろうなって思う。
だからこそ、スポーツ選手の精神力の強さは本当に尊敬します。
私も少しはスポーツやってたものの、相手がある対戦型の競技は
あまり得意じゃなかったかも。
団体戦だと責任があるから(仲間意識も強い方なので)やれるところまでは
やるんだけど個人戦だとめっきり(爆)
どちらかと言うと、自己の記録に挑む方が向いてたかなぁ。孤独な戦いなので
これはこれで苦しいのですが。
同じ勝つんでも、特定の相手と対戦するんじゃなく、自己ベストを出して
その結果勝てたっていう方が気持ちが良いと言うか。
あ!6クラスで同時に競い合うとか、そういうのは燃えたな〜。
とは言え、勝てた経験、スポーツでは殆どなかったですがね(笑)
ある程度成果を残せたのは、合唱コンクールとか、やっぱり音楽関係の方かも。

新庄さん、『頑張れ!』って励まされ方があまり好きじゃないって言ってました。
『Good Luck!』
幸運を祈る、これが良いんですってね。
アメリカでは普通に使われる言葉みたいです。
うん、欧米の人が言うとハマるな。日本人だと少しキザな感じもするけど(爆)
私、『頑張れ』って言う言葉、しょっちゅう使っちゃうんですよね〜。
自分に言い聞かせる分には良いんでしょうけど…。
『頑張れ!』とか『Fight!』って言葉も、私自身は気合いが入って好きなんですが、
確かに、日頃から頑張ってる人や今物凄く辛い境遇の人に『頑張れ』って
いうのは逆に追い詰めてるかもな、って思うこともありました。

私も1度知人から言われたことがあるんですよ。
『Good Luck!』って。
ポーズ付だったな。
昔、某バンドでドラムを叩いていた女性なんだけど、笑顔の似合う
お日様みたいにポカポカ温かいステキな人だった。
その人が居たからライブ観に行ってたんだよね〜。
普通の人が『Good Luck』とか言うとキザになりすぎたりして難しいんだけど
この人の場合は雰囲気にピッタリ合ってた。
言われ慣れないせいか、一瞬照れくさいようなくすぐったいような不思議な気持ちになったけど、何だか心の中がポカポカした。
心の中で『Good Luck、Good Luck…』って復唱してみた。

やれるだけのことはやった。
あとは力の限りを尽くすのみ!とか
結果を待つのみ!みたいなとき
『Good Luck!』
って言うのが良いんだろうね。
私も先日、手紙の中で初めて使ってみた。
場面的にはもう、頑張るっていう段階じゃなく結果待ちの段階だったから。
どういう印象だったんだろうな〜。
『頑張れ!』や『Fight!』以上に
自然に出てくるようになると良いなぁと思う、そんな言葉です。
| 言葉 | 15:47 | comments(0) | - | pookmark |